豊洲市場の移転問題を考える。

豊洲市場の問題について考える。

東京都の豊洲市場移転は、毎日テレビで報道されています。


もう、飽き飽きしている感じもあるのですけど
どうなるのでしょうかね?



今まで、公開されていなかった問題が次々と出て来ますね。


公共工事が行われる。
その裏には、誰が、莫大に儲けている。


公にはされていないけど
絶対に利権が絡んでいる。



そう思っているのですけどね。


談合なんて、ない!


そんな事は、絶対にない。


世の中の人は、思っているのではないでしょうか?


スーパー大手の建築屋さん同士で
話はしているんですよ。


そうじゃあないと、バランスが取れないでしょう。


豊洲市場の建設だって、絶対に談合はあったですよ。


入札率が高すぎますものね。



あんな事は、絶対にない。
不自然だと思いますよ。



安全性も問題が今、取り沙汰されています。


土壌汚染の問題。


ガス工場の跡地だけに、有害物資の汚染
それを除去する対策の会議。


除去対策の会議で検討をされた。

そして、対策工場をした。


そこまででしょう。


対策工場をした結果の汚染物資の検査をしたのかどうか?


土壌の安全を確認してから
建屋の工場をするのが本筋であろうに。


2メートルの土壌を掘って
汚染物資がある土壌を処理をする対策をしたんでしょう。


それがなされて、安全確認をしてから
さらに盛り土をする。


安全確認をせずに、建屋の工場を始めたいる。


そこに、問題があったのではないか?


移転ありきで、工場が進んでいる。



何故急ぐのか?


築地市場の移転を早くしたいという事もあったんでしょうけど
東京オリンピックが決まったから、さらに急いだ。



様々な、要因があったんだとは思いますけど。



空洞がある事、当初の計画とは違っている。


設計の変更の際に、公開しなかった問題は、大きな事だと思います。



食の安全、さらには市場で働く人々の安全を
第一に考えなくてはならないのに
それが蔑ろにされたのでは?



今、立ってしまった物を
壊して新たにするという事には
問題が多いでしょうね。


先ずは、安全確認をしてから
本当に安全なのかどうか、検査を徹底に行う。


それから、建屋の補強なり改築を行う。


どうも、設計ミスがあるのではないでしょうか?


空洞を作った為に、強度が足りないのではないでしょうか?


水産市場では、生簀のサイズも個数も
築地市場の規模よりも、小さくしなくてはならないと言われているようですけど
空洞がある為に、強度不足なのでは?



新しい市場なのに、使い勝手が悪くなるなんて
考えらせませんよね。


1平方メートルあたり、700キロしたもたない
実際のタナーと荷物を積んだら2トンくらいになる。


どうみても、設計ミスしか考えられないし
市場の意見などは聞いていなかったように思う。



空洞を作った為に、そのような事になった。



何故、空洞なのか?


将来、汚染があった場合に、地下を掘削する為
と説明しているけど。


重機を入れる搬入口も作っているようだけれども
説明に無理があるようにも思います。


根本の問題は、土壌処理をした後の安全確認がなされていなかった
それに尽きるのでは。


設計の変更をする際に
公開、安全確認がなされていなかった。


臭い物には蓋をする。
その為に、工場を急いだ。


利権が絡んでいたのではないか?


利権問題は、なかなか追求できないんでしょうね。



大物が絡んでいるから
我々の知らない世界で、話は纏まっていく。


世の中は、そんな事で進んでいくんでしょうかね?



でも、いつかは、暴かれる時が来るのでしょうか?