君が代を歌う

私は、ある集まりで、初めに
君が代を歌う。


もう、何年になるでしょうか?

君が代は、良いですよね。


国歌だと認めない人もいます。

日の丸を、認めない人もいます。

どうなんだろうね。


誹謗中傷する気はありませんが
かわいそうだと思います。

日の丸や君が代に対して
愛着がわかないなんて。


日本の象徴だと思うし、誇りに思っても良いのではないでしょうか?




オリンピックで、金メダルを獲得した人をそして国を讃えて
国歌とともに日の丸がセンターポールに上がる光景を
感動しながら見ている人は多いでしょうね。


あれが、何にも無かったら
感動すら有りませんね。


君が代を毎月斉唱出来る事は
本当は幸せだと思います。



作者は不明だと言われています。


空海が作ったとも言われています。


歌詞の意味合いは、様々だと思うし
人によっても
色々な捉え方をすれば良いのだと思う。


ただ、日の丸を見るたびに
君が代を斉唱するたび
皆んな一つなんだ!

そう思える。


歌詞のなかの、さざれ石とありますが
最初は、そんな石があると思ってもいませんでしたけど。



さざれ石って、有るんですね。


日本は、多く人種の国ではありません。


でも、様々な思想の方はいます。


そんな、様々な思想の人、考えの人が一つになって
日本の平和、繁栄を祈っていく。


なんて、素晴らしい事ではないでしょうか?


これからも
毎月、君が代を斉唱していきたいですね。