四国の高速道路、お盆の渋滞予測

四国の高速道路のお盆渋滞予測

お盆(8月5日〜16日)の渋滞予測。

高速道路の混雑のピークは

下りが11日。

上りが13日。

11日の山の日を含む3連休を挟んで
交通量が増加していくとみている。


瀬戸内しまなみ海道
下りが12日、13日。
上りが15日
がピークだとの予測です。

5キロ以上の渋滞は
下りが3回。
上りが2回。

最長は、15日の上りの向東バス停(広島県尾道市)付近で25キロと見込んでいる。





松山道での渋滞は
上りが4回。
下りが3回。
発生すると予測。
最長は、11日下りの明神山トンネル(伊予市)付近で15キロと見込んでいる。



渋滞は、イライラしますよね。

高速道路の事故で、発生件数が多いのは渋滞の時です。

渋滞の時は、特に気をつけたいですね。


「早朝や夜間など、なるべく渋滞のピークを避けて運転をしたいですね。」